あの震災以来、節電などの影響もあるのですが、何かしら街中にヒッソリ感がいっぱいでした。
ギャラリーカフェ・テラスでは久しぶりの個展がはじまり、たくさんのお客様がいらっしゃって以前のような感じが戻ってきました。
でもその後の個展を申し込んでいらっしゃった方々の何人かは、やるべきかやらざるべきかと悩んでいらっしゃる様子も伝わってきます。でも私たちまで元気をなくしたら日本は一体どうなっちゃうのでしょうか?
筆者の知人も何人か被災者がいました。岩手の大船渡の市長さんは以前横浜でご近所さんでした(その方が大船渡の市長さんになって3ヶ月目にこの大災害)。
何人か集まると必ず、自分たちは被災地のために一体何が出来るのか・・悩まずにはいられません。